杉林建設株式会社

HOME > 最新情報 > 杉林建設株式会社 SDGsへの取り組み

NEWS

杉林建設株式会社 SDGsへの取り組み

 

  • SDGs-1
  • SDGs-2
  • SDGs-3
  • SDGs-4
  • SDGs-5
  • SDGs-6
  • SDGs-7
  • SDGs-8
  • SDGs-9
  • SDGs-10
  • SDGs-11
  • SDGs-12
  • SDGs-13
  • SDGs-14
  • SDGs-15
  • SDGs-16
  • SDGs-17
  • SDGs-wheel

 

杉林建設株式会社は、地域密着の総合建設業、そして建設のプロフェッショナル集団として、
お客様に安全・安心を提供し、社会から必要とされ、信頼され続けると共に、
社員とその家族が幸せであることを目的に、
お客様の想いを建物(カタチ)にする、質の高いワンストップサービスでの設計・提案・施工を通じて、
SDGs(持続可能な開発目標)を推進し、地域社会の持続的な発展に貢献して参ります。

持続可能な開発目標(SDGs)とは


SDGs(エス・ディー・ジーズ:Sustainable Development Goals)とは、2015年9月、国連サミットにて193の国連加盟国の間で
採択された、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載されている2016年から2030年までの国際開発目標です。

「世界を変えるための17の目標」により構成され、地球上の誰一人として取り残さないことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むべきユニバーサル(普遍的)なものであり、日本政府も積極的に取り組んでいます。

杉林建設株式会社は、この理念ならびに目標に賛同し、事業を通じてその実現に貢献していきます。お客様や協力業者の方々、
そして地域の皆様と協力しつつ、総合建設業という事業特性を踏まえ、SDGsの目標の中から取り組むべき課題を抽出しながら、
私たちにできることを考え、真摯に取り組むことを通じ、地域社会の持続的な発展に貢献して参ります。

杉林建設におけるSDGsへの取組内容

 

住み続けられるまちづくりを

災害に強い企業づくり、街づくりを通じ、安全かつ強靭で
持続可能な都市及び住まいづくりの実現・発展に貢献

 
  • ・自然災害による被害を抑制する、耐震・風水害補強工事を、
     お客様のお住まいに合わせたオーダーメイドで設計・提案・施工
  • ・建築物の耐震シミュレーション実施による、既存住宅の耐震診断と、耐震改修の推進
  • ・公共施設の建築・修繕を通じた、地域社会の発展への貢献
  • ・大規模災害時に迅速な復旧工事対応が可能となる、事業継続計画(BCP)の確立と実践



 

つくる責任 つかう責任

持続可能な消費と生産のパターン、まちづくりへ貢献

 
  • ・ISOの品質(ISO9001:2015)及び環境(ISO14001:2015)を複合した、マネジメントシステムの構築
  • ・マネジメントシステムを活用した、環境配慮型企業として、3Rの実践、産業廃棄物の管理徹底と削減の実践
  • ・大切なお住まいを守る、住まいのかかりつけ医として、定期点検の実施、定期的な訪問による
     アフターサポートの実施



 

すべての人に健康と福祉を

健康寿命を延ばす安全・安心・快適なバリアフリー住宅の実現

 
  • ・高齢化社会を見据えた、健康・快適に生活できるバリアフリー住宅の提案・設計・施工(新築・リフォーム)



 

質の高い教育をみんなに

学び続ける環境作り、情報発信と成長の機会を創出

 
  • ・実務上必要な資格や、ステージごとの資格取得をサポートし、人としての資質の成長、向上につなげる
  • ・定期的なミーティング開催による情報の共有化、また社内勉強会の開催により、互いに考えを発言すること
     で全従業員の意欲向上・能力発展を目指し、自由な発想に繋げる
  • ・技術と知識を備えた定年後の人材の再雇用を行い、後進の技能向上に努める
    ・知識の継承を通じ、後進の成長を進めることで、事業の基盤創りを強化



これからも杉林建設は、輝かしい未来に向かって、建築を通じ、地域の皆様に必要・感謝・愛される良き建物を
造り続けると共に、世に必要とされる会社、人に必要とされる人間を目指し、日々挑戦し続けて参ります。

お問い合わせはこちら