杉林建設株式会社

HOME > SUGIBAYASHIについて

SUGIBAYASHIについて

私たちの思い

世界の中で 日本は、重要なアジアのリーダーとして活躍しています。
高度経済成長を経て成熟し、そして多種多様化した現代社会の中で、
建築を通して地域に密着し貢献できることに生きがいを感じております。

又、日本建築として多くの社寺佛閣技術は決して現代の新しい建築に劣るものではありません。
この良き歴史的、伝統美を誇る日本建築を貴び維持すると共に、更に現代の先端技術とを融合させ、日々技術を練磨、探求しつつ、安全・安心な建物をご提案・ご提供すべく、明日に向かって進む姿こそ当社そのものであります。

輝かしい未来に向かって建築を通じ、地域の皆様に必要とされ、また感謝され愛される良き建物を造り続けて参ると共に、世に必要とされる会社、人に必要とされる会社を目指し、日々挑戦し続けて参ります。 代表取締役 杉本知治

SUGIBAYASHIパワーは10人10色

SUGIBAYASHIパワーは、10人、10色で無限の可能性を発揮。
杉林建設は、エネルギッシュな人が多い、個性あふれる企業です。
きれい好き、旅行が好き、カラオケが大好きなどといった人もいれば、キャンプやスポーツで体を動かすことが好き、などといった人もいます。

建物っていろいろな人が携わって初めてできるものなんだ。
若い力とアイデンティティーを取り入れて実践していこう。
杉林建設は、実力をよりグレードアップできる会社と確信しています。
10人10色で無限の可能性を発揮している。そんな会社です。

創業は明治四十年(1907年)

杉林建設は、前身が「大末」という屋号の木造建築をしていた大工の棟梁がルーツになっています。
その棟梁の名前は、杉本末吉。現社長の祖父にあたります。
当時は、小学校なども木造であり、大きい材木を一本一本丹精込めて削って造ったと聞いています。多いときには20名くらいの大工職人がいたそうです。

社名の由来

杉林建設は、設立当初から杉林という屋号を使っています。
社長は杉本なのに、なぜ?とよく言われます。
これは易者のお坊様に見ていただき、杉本より杉林がいいと言われたのが由来です。
お陰さまで、設立半世紀を越えることができました。
信じるものは救われる。縁起を担ぐことも必要ですね。

社章の成り立ち

杉林建設株式会社の社章(マーク)は、東京都練馬区のグラフィックデザイナー岡野匡晋氏のデザインのものです。製作意図として、緑の大地、青い空、赤い太陽で杉林建設のSを表しています。「自然界に直線はないという考えのもとですべて曲線で表現しました」とのことです。杉林建設のイメージにぴったりです。

 本社章は1994年4月号の月刊公募ガイドに記載しました。この呼びかけに、全国から919点もの応募がありました。素晴らしい作品ばかりで選考するのに苦労しましたが、長時間に及ぶ選考の上、岡野さんの作品を採用させていただきました。
 他の優秀賞には、有名なエコマークをデザインされた丸山道則氏の応募も在住先のロサンゼルスからありました。

お問い合わせ・資料請求[資料送料無料]

メールフォームでのお問い合わせ
お問い合わせ・資料請求フォームへ

お電話でのお問い合わせ
0564-22-5215

ショールーム紹介