杉林建設株式会社

HOME > 最新情報 > リフォーム施工事例のご紹介(その2)~浴室を暖かくするリフォーム~

NEWS

リフォーム施工事例のご紹介(その2)~浴室を暖かくするリフォーム~

前回紹介記事(和室から洋室へ)はこちら
リフォームの施工事例はこちら
リフォームについてのお問い合わせはこちら

ようやく暑かった夏も終わり、いよいよ過ごしやすい秋本番を迎える季節となりました。

これまでは夏の暑さへの対策となるリフォームをご紹介させて頂いておりましたが、これから朝晩の寒暖差が厳しくなる
季節を迎える中で、これから特に注意を払わないといけないのが、「入浴時におけるヒートショック」です。

過去にもニュースや新聞等で、ヒートショックによる事故等も報道されておりますが、これから秋も深まり、
冬本番を迎えつつある中で、大切な命を守る為にも、万が一に備えた対策を検討しておくことは欠かせません。

そこで今回は、ヒートショックによる事故の現状と、実際にリフォームの際にヒートショック対策も考慮して、
浴室換気乾燥暖房機を設置した事例をご紹介します!

①ヒートショックによる入浴時の事故発生状況と対策について


まず入浴中に発生した死亡事故の発生状況については、厚生労働省、消費者庁より、下記に示される報告がなされています。

 

この調査結果をまとめると、以下の傾向にあると言えます。

    • □平成28年は5,138人であり、平成18年の3,370人と比べると、平成18年から平成28年までの10年間で約1.5倍にまで増加(図1)

    • □年齢別では65歳以上の高齢者数は4,756人で、家庭の浴槽における溺死者数全体の約9割を占める(図2)

  • □月別での家庭の浴槽における溺死者数は12月~2月に年間の約半数を占める(図3)
     ⇒冬場に入浴中の事故が起こりやすい要因としては、気温の低下が一因(ヒートショックによる影響)と推測

ここでヒートショックとは、家の中の急激な温度差により血圧が大きく変動し、失神や心筋梗塞、脳梗塞等を引き起こすことで、
身体へ悪影響を及ぼすことです。重症の場合は死に至ることもあり、また持病がない健康な方にもヒートショックは起こります。

 


そしてヒートショックを防ぐ、また重大な事故を防ぐために、以下の方法が一例として挙げられています。

    • □浴室の温度を上げる(家の中での寒暖差を無くす)

    • □熱いお湯に浸かることを避け、また長湯を避ける(41℃程度、入浴を10分以内に)

  • □入浴中は声掛けをして、異常に早く気づくこと

特に一番大きな原因となり得るのが、家の中での寒暖差が大きいこと。
特に昔ながらのお住まいでは、自由な設計が可能な在来工法で浴室を作られているケースが多いのですが、
技術の進歩がみられる最新のユニットバスに比べ、寒さ対策が十分とは言えないケースも珍しくありません。

その為、大切な家族の安全を守る、そして浴室自体をより安全・安心・快適にお使いいただくためにも、お客様のご要望や
ライフスタイルに合わせた、ユニットバスへのリフォーム、浴室換気乾燥暖房機の設置などをSUGIBAYASHIはご提案いたします!

②在来工法の浴室⇒ユニットバスへのリフォームの施工事例


お住まいの方がご高齢を迎えられた中で、よりお風呂を安全に快適に使いたいというご依頼。バリアフリー改修として、
市の補助金を活用することで、浴室のバリアフリー化&暖かい浴室への改修を行わさせて頂きました。

~リフォーム前~

 

浴室の入口には7~8cm程度の段差がある状態。
一般に段差が5~8cmあると、高齢者だけでなく、
誰もがつまずく危険性が高まると言われています。

 

浴槽は床からの高さが40cmあり、大きく跨ぐ必要があるので、
入浴時にバランスを崩してしまう恐れも。

 
 

段差のある浴室の入口ですが、掴まる手すりなどが無い状態。
つまずいた際や滑った際には支えが無く、より転倒の危険が。

 

建物の劣化等により、隙間風が入りやすく、冬場は寒い状態。
そのまま放置すると、ヒートショックを誘発してしまう危険も。

 

~リフォーム後~

 

浴室の入口にあった段差は解消され、バリアフリー化を実現。
転倒するリスクの低減に繋がっています。

 

ユニットバスへの交換により、浴槽の高さも35cm程度に。
更に床も水はけがよく、滑りにくい材質にすることで、
より安全な入浴が可能になりました。

 
 

掴まれるように、入口付近の壁や浴槽の壁に手すりを設置。
床が濡れている時や、足元がおぼつかない時でも安全です。

 

浴室のリフォームに合わせ、壁側に新たに断熱材を充填。
隙間風が入って寒かった浴室も、より暖かくそして快適に、
お使いいただけます!

 
 

さらにヒートショック対策として、浴室換気乾燥暖房機を設置。
入浴前に事前に浴室を暖めておけば、快適な入浴が可能に!

 

今回ご紹介してきた、ヒートショック対策に向けた改修や対応の一つをとっても、様々な選択肢があります。
例えば、「今の浴室はそのままに、浴室換気乾燥暖房機を設置したい!」といったご要望にも、幅広く対応が可能です!

SUGIBAYASHIは数ある選択肢の中で、お客様に最大限のご満足をご提供できるリフォームを実現すべく、
建築のプロフェッショナル集団として、お客様に寄り添い、お客様の一歩先を見た+αのご提案+設計・施工を行います!
お住まいをよりよくする為のリフォームについて、お悩みがある方は、どうぞご遠慮なくお問い合わせくださいませ!

長くお住まいになられる建物だからこそ、こだわりがふんだんに詰まった家づくり・リフォームを一緒に創り上げませんか?


他リフォームの施工事例はこちら
リフォームについてのお問い合わせはこちら