杉林建設株式会社

HOME > 最新情報 > Houzzにて竹林亭が紹介されました

NEWS

Houzzにて竹林亭が紹介されました

「住む人」と「住まいの専門家」をつなぐ、家づくりのためのプラットフォームであるHouzzにて、竹林亭が紹介されました!

Houzzの特集記事はこちら

 

今回は「住まいをさりげなく守る、軒と庇」というテーマで、竹林亭が持つ長い庇を取り上げて頂きました。

記事でも紹介されているように、深い軒を設けることにより、半分屋外でもあり半分屋内として利用できる、
「中間領域」と呼べる軒下空間を造り出すことが出来ます。庭の緑を愛でながら、涼しい風を感じ、
風鈴を軒下に吊るせば、その風鈴の音に癒される、そんな穏やかなひと時を過ごすことが出来ます。

 

ふと見上げる疵には、いくつもの数寄屋建築の粋を見ていただくことができます。東濃桧の桁・梁も、北山杉を用いた垂木も、
そして疵を垂直方向で支える柱も、いずれも角材ではなく、丸材を用いています。これらの重なりの部分は、
三方向から力がかかるため非常に強固にする必要のある部分。
ことに、一貫して天然の丸材を用いたこの建築の場合、仕口(接合の方法)には複雑かつ精巧な人間技を必要としました。

軒裏は、天井を張らない、野地板の無垢の美しさが見える化粧軒裏になっています。
また、丸垂木の小口には、銅板に彫刻した被せを施すことで、飾らない美しさを演出しています。

数寄屋造りは、かの千利休が創始した「侘びの精神」に基づいた建築様式。
デジタル社会になり、心落ち着く間もない現代だからこそ、今一度日本人の原点とも言える「数寄屋造り」に触れてみませんか?

ショールーム紹介のページで、竹林亭、そして向山庵が数寄屋造りに込めた、一つひとつのこだわりを、
より大きな画像でご覧いただけます。


ショールーム紹介はこちら

ショールーム見学申し込みはこちら

本格的な夏を迎えつつある中、風光明媚な景色と共に、心地よい風を「竹林亭」「向山庵」で体感しませんか?


皆様のご来訪を心よりお待ちしております!